読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢を繋げる架け橋

WEST と funky8 のあれこれ

神山くんと喧嘩する話

 

 

はい、考えます。こういうの考えるのがすきです。ただの妄想。(笑)ちなみに仲直りのところまで。

 

設定としては、

夜に、家で、だけ(笑)

 

***

 

 

・些細なことで喧嘩して、言い争いになる。「もう知らんわ、勝手にして」ってあの冷たい目で言われる。怖い。でもかっこいい。

 

・自室に篭るんだけど、同じ空間にいることすらも怖くなって、家を出て敢えて3件先くらいのコンビニに気分転換がてら歩いて避難する。

 

・そこでなんか買おうかなと思ってお菓子コーナーで好きなチョコを手に取った後、無意識に神山くんの好きなものも買おうとして苦しくなる。

 

・しばらくそこで時間を潰してから、これまた家に帰る時間を遅くするために遠回りして家路につく。

 

・向かい側からちゃりんこに乗った神山くんが結構なスピードでやってきて、「こんな時間にひとりでこんなとこ歩くなって言うたやろ!!」って怒られる。

 

・「後ろ乗れ」って言われて有無を言わさず乗せられたい。「ほんまなんやねんお前…」ってつぶやきが聞こえて、怖くなってこっそり泣く。(カゴに入れた買い物袋を見た神山くんの照れ隠しの言葉だったとのちに判明するのでご安心を)

 

・家ついてわたしを見て、ちょっとびっくりした顔で「…なんで泣いてんの?」って聞かれて涙腺が崩壊。あたふたしながらもひとつひとつ優しく涙を拭ってくれる神山くん。好き。

 

・「怖かった」って正直に言うとぎゅっとして「ごめんな、言いすぎた」って優しい声で言ってくれるから好きしかない。

 

・「わたしもごめんね」ってちゃんと謝ったら、無言で背中をぽんぽんってしてくれる神山くん。器広すぎ。優しすぎ。かっこよすぎ。

 

 

 

しがない妄想失礼いたしました〜〜いやあかっこいいな神山くん!!!!!!(笑)