読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢を繋げる架け橋

WEST と funky8 のあれこれ

年越しを一緒に



さあ、クリスマスも終わりいよいよ年の瀬ですね。少しさみしい気持ちになります。


しかし最近の日本では、テーマパークやら神社やらで楽しく年を越す文化が発展してきています。でも、お家で家族とぬくぬくするのも素敵ですよね。おじいちゃんおばあちゃんの家に行くなんていうのも年の瀬らしいですね(^o^) そんな年越しを我が自担たちと過ごしたいと思います!!(自己満)




神山智洋

・インドア派神山くんは家から出ないので、もちろん年越しそばを食べてからあったかいおこたで紅白を見ます。ついでにみかんも食べます。

・ちなみに蕎麦に乗ってるかき揚げはお手製。「玉ねぎ入れたらほんのり甘くて美味しいから入れよ〜、あ、桜エビあったわ!入れよ!」って楽しそう。

・またまたみかんを食べながら紅白兼カラオケ大会。白いの全部剥いてたら神山くんに「そこにも栄養あるんやで」って叱られる。

・紅白に好きな歌手が出ると「あ、◯◯の好きな人たちやな!」ってにこにこ見ててくれる。優しい。

・紅白が終わったら、カウントダウンコンサートを見ます。またもやカラオケ大会。「楽しくなってきたなあ!踊っていい?!」って言うのはさすがに止めてあげよう。

・年が明ける瞬間は、一緒に「5!4!3!2!1!わーいあけおめ〜!」って叫んで、初ぎゅーをしてくれる。耳元で「今年もよろしくな、好きやで」ってちょっと低い声で優しく言われる。溶ける。

・「初しゃべりも初ぎゅーもいろいろ◯◯が持ってくなあ」っていたずらに笑う神山くん。「まあもちろんこれももらうけどな」っていう顔がイケメンすぎて固まっているところに初ちゅーを持っていかれて死ぬ。



◇末澤誠也

・大晦日の22時くらいに待ち合わせして、一緒に大きな神社に行く。こっちの姿を見つけたら「あ!おーい!(高音)」ってたくさん手を振ってくれる。可愛い。

・「寒いなあ」って手をこする末澤くんってなんかとんでもなく養ってあげたくならない?可愛いがすぎるよね?

・境内に向かう大行列に並びながら、屋台の食べ物をたまに買って食べる。チョコバナナ食べながら「なあ◯◯、なんで普通のいちご売ってないんかなあ」って悲しむ末澤くん。

・「神社ってさ、ぱんぱんってしてぺこぺこすればええの?」って聞かれるので、二礼二拍手一礼をちゃんと教えてあげましょう。

・お賽銭入れてお祈り。末澤くんより少し早く終わっちゃってちらって横目で見た末澤くんのお祈りする顔がかっこよすぎて見惚れる。

・ずっと見てたらお祈りを終えた末澤くんと目があって、ものすごく優しく微笑まれて死ぬ。

・一緒におみくじを引く。「◯◯なに吉?なんて書いてあるん?」ってひょこっと覗き込んでくる。ちなみに末澤くんはなんとなく末吉だといい(願望)

・帰り道、少し遠回りして手を繋いで歩きながら「今年も楽しく過ごそうな!」って楽しそうに言ってくれるからもう大好き。



さあ、残りもあと2日!悔いなく過ごしましょう〜!